ネギトロの語源は??

お久しぶりです。

総務部のKです。

前回の更新から4か月も経ってしまいました。。。

 

さてさて、先日遅ればせながら新人歓迎会を行いました。

入社2年目の社員に幹事をお願いしたのですが、

しっかりと仕切ってくれて、すっかり頼もしい社会人になっていました。

新入社員も4月の頃より社会人らしくなったように思います。

成長って早いものですね。

もっともっと成長していく姿を見るのを楽しみにしています。

 

その新人歓迎会で、部長と私とで意見が割れたのが「ネギトロの語源」です。

お酒も入っていたので部長も私も譲らず、しばらく言い合ってましたが、

大の大人が、どうでもいいことでむきになってたなーと恥ずかしくなります。

 

その場で答えは出なかったのですが、どうも気になったので帰宅後Wiki。

Wikipediaの脚注にあった「日本かつお・まぐろ漁業協同組合」さんのHPでは、

「『ネギトロ』とは、もともとは、まぐろ一本を丸々買っている大きな業者が、切身を取ったあとの骨のすきまにある身(中落ち)や、皮の裏の身をそぎ落として作っていたのが始まりで、『ネギトロ』といっても、いわゆる『トロ』は使われていません。

『ネギトロ』の『ネギ』の語も、『身をねぎ取る』という言葉から派生したものだそうで、野菜のネギとは関係がなく、一般的に、ネギトロにネギをのせることはあっても、ネギトロ自体にネギが入っていることはありません。

最近は、『トロ』を使ったネギトロや、『ネギ』を混ぜたネギトロも販売されていて、元々の由来とは関係なく、まぐろの身を叩いて、ペースト状にしたものを『ネギトロ』と呼んでいます。

このほか、ネギトロの元祖である寿司店が、よく通っていた『むぎとろ』と言う店の名前の語呂合わせで名付けたという説もあります。」

と書かれていました。

 

結局、語源はいくつかあって、正解は一つではないということですよね。

食べ物も時代の流れとともに進化して、元々の由来とは異なるものに変化するんですよね。

なので、部長も私も「正解」ということでまとめたいと思います。

 

それと、Wikipediaに書いてあったネギトロの元祖「金太楼鮨」。

私が以前住んでいた近所に支店があったんですが、

こんなに由緒あるお寿司屋さんとは知りませんでした。

おいしいとは聞いていましたが、行ったことはありません。

行けばよかったなーと後悔しています。

 

今度、思い出に浸りながら昔住んでいた場所を訪ねて、

行けなかった「金太楼鮨」さんに行きたいなーと思いました。

 

では、このへんで。

 

総務部のK

総務部のKです。

酒と食と仕事。
那覇でうろうろ飲んでます。